どんな会なの?〜誕生から現在まで〜

<おおたかの森トラスト>
(代表 足立圭子)

埼玉県西部に広がる雑木林には絶滅の危機に瀕しているオオタカが生息しています。1994年6月、この雑木林を守るために埼玉県生態系保護協会所沢支部が中心 になって「おおたかの森トラスト」が誕生しました。おおたかの森は東京都心から西へ西武線電車に乗って1時間足らず。埼玉県所沢市、狭山市、入間市、川越市と大井町、三芳町の四市二町 にまたがる武蔵野の雑木林で合計550haの平地林です。この地域は 江戸時代に新田開発が行われ、住民らが畑を乾燥と強い風から守るために屋敷林や大きな雑木林を作りました。薪や炭にするコナラ、クヌギ、アカマツ、農具に使うエゴノキなどを主体にいろいろな樹種からなる森です。農業とともに生きてきた雑木林はオオタカのほか、キツネ、タヌキ、野ウサギなど多くの野生の生き物がすむ豊かな森になりました。
 今、この雑木林が墓地や産廃施設、資材置場、病院などの開発により日、一日と削られています。「おおたかの森トラスト」では、この雑木林を残すために炭焼き、森の手入れ、シイタケ栽培、森のゴミ拾い、炭を使った川の浄化、こども対象の「こどもエコクラブ」等のさまざまな活動をしています。このさまざまの活動が認められ、2000年4月29日みどりの日に、自然環境保全部門で環境庁長官より表彰され ました。また、2003年10月に「ふるさとづくり賞」(読売新聞社、NHK等主催)の主催者賞を受賞しました。2004年6月に「第1回里地里山保全コンテスト30」(読売新聞主催、環境省後援)に選ばれました。
 買い取った森は2008年2月に買い取った資材置き場跡地(森の再生地)7,426u及び2009年10月に買い取った北中の森500uおよび2013年4月に買い取った北中の森2,640u及び
平成28年10月25日に取得したくぬぎ山の2,272uを含め現在、合計8ヵ所14,178u(約4,300坪)になります。又、借りている森(トラスト地)は12ヶ所(約7.6ha)です。野生の生き物が豊かに安心してすめるように、ボランティアがみんなで汗を流しています。
 2018年11月に「緑の都市賞」を受賞しました。東京の明治記念館で眞子様もご臨席の上、表彰されました。

【戻る】

 

  こども達も参加する炭焼き(エコクラブにて)      森の再生地(資材置き場跡地)の池    

                                   ※炭焼きは現在、休止しています。